株式会社ミヤホーム

姫路で新築・介護リフォームのことなら「ミヤホーム」|TEL 079-294-3846

Grn

トップページ ≫ 屋根・外壁リフォーム ≫

姫路市西今宿 外壁塗装・屋根瓦葺き替え

0000077015.jpg

 

美しく保ちたい家の外観ですが、風雨や紫外線、気温の変化などにもさらされ、汚れや劣化が進みやすいです。手入れをせずに、傷みやひび割れを放置しておくと、ひび割れが悪化したり、表面を触ると白い粉がついたり(チョーキング)、さらには水が浸み込んで内部が腐食、という劣化につながります。定期的なメンテナンスを行っていれば、数十年間、使うことができます。

姫路市住まいで外壁リフォームに役立つ情報をまとめました。ぜひ参考にしてください。

外壁リフォームの役割

住宅の外壁に使われている素材は、モルタル(砂とセメントと水を混ぜたもの)や、サイディングと呼ばれる、ボード状の外壁材が一般的です(他にもALC、トタン、タイル、板張りなどがあります)。外壁の下地は、塗装による皮膜で守られていますが、年月とともにこの塗装は劣化し、はがれたり、ひび割れたりします。皮膜が破れると下地にまで影響が及び、柱や土台といった住居の構造部分まで劣化させてしまうこともあります。

外壁塗装の工事には、もちろん住宅をきれいに見せる効果があります。しかしそれだけではなく、外壁の塗装膜の性能を維持し、家の構造と寿命を長持ちさせること、ひいては資産価値を高めることも目的になるのです。外壁リフォームの目安期間

外壁のチェックと塗装のおおよそのタイミングを、表にまとめてみました。環境や使われている塗装材の耐久性によりタイミングは変わってきますが、モルタル壁の場合は、10年前後で塗装材を塗り替えるのが一般的です。下地のモルタルに問題がなければ、塗装を10年前後ごとに繰り返すことで長期間性能を保ち続けます。サイディングの場合も、塗装材の種類にもよりますが、塗り替えのタイミングは10年前後、サイディング自体の交換は25~30年が目安になります。

外壁のメンテナンスサイクル

  5年目 10年目 15年目 20年目 25年目 30年目
モルタル (点検) 塗装 (点検) 塗装 (点検) 塗装
サイディング (点検) 塗装 (点検) 塗装 サイディング・下地交換

外壁に出てくるトラブルとその原因、対策

一般的な時期の目安のほかにも、外壁には、いくつか塗装タイミングの目安となる現象が起こります。現象とその原因をまとめてみました。色あせや汚れのほか、こうした状態が確認できたら外壁塗装を検討しましょう。

外壁塗装の目安となる状態

状態 詳細 発生する下地 原因
ヘアクラック 下地ではなく、塗膜にごく細いひびが入る モルタル
サイディング
塗膜の劣化
クラック 下地がひび割れる モルタル 乾燥によるモルタルの収縮
もしくは建物の構造的な歪み
チョーキング 壁全体にチョークのような細かい粉がふく モルタル
サイディング(窯業系)
紫外線・熱などで塗膜の樹脂が
分解されて劣化し、顔料が粉状に
なって残る
シーリング(コーキング)の痩せ・ひび割れ 接合部・目地にひび割れが入る サイディング シーリング材の劣化
サイディングの反り
白サビ 壁に白い細かな粒が現れる サイディング(金属系) サイディングの鋼板を
保護しているめっきの腐食
 

お気軽にお問い合わせください。

お名前
メールアドレス
タイトル
本文
 


モバイルサイト

株式会社 ミヤホームスマホサイトQRコード

株式会社 ミヤホームモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!