株式会社ミヤホーム

姫路で新築・介護リフォームのことなら「ミヤホーム」|TEL 079-294-3846

Grn

トップページ ≫ 省エネ住宅 ≫

省エネ住宅

省エネ住宅について

省エネルギー住宅、低炭素住宅・・・最近よく見聞きします。
今の家は夏は涼しくて冬は暖かい、快適な生活を過ごせますよ!こちらも広告などで良く見ますが、何を基準に省エネで何が理由で暖かいのか?
そんな疑問にお答えします!

1.省エネルギー住宅とは?

省エネルギー住宅とは?

日本の住宅のエネルギー消費量の30%が冷暖房によるものだと言われています。
省エネルギー住宅とは、冷暖房によるエネルギー消費量を抑えた住宅のことを言います。
冬は暖気が逃がさないよう「気密」と「断熱」の性能を、夏は外から熱が入ってこないよう「日射遮蔽(日をさえぎること)」と「換気」の性能をそれぞれ上げなくてはいけません。
そうすることで、今まで必要だったエネルギーよりも少ないエネルギーの量で家の中を快適な空間にすることが出来ます。
また、省エネルギー住宅にすると、構造部の腐朽やカビやダニの原因である「結露」を減らすことが出来、さらに部屋間の温度差が少なくなりヒートショックの防止にもなります。
省エネルギー住宅=健康で快適な住宅と言えるでしょう。

どうやったら省エネルギー住宅になるの?

省エネルギー住宅にするためにはいくつかの条件があります。
その中で一番大事なものは「一次消費エネルギーの消費を抑えること」です。

この一次消費エネルギーを国から決められた基準値を満たすことで「省エネルギー住宅」として認められます。 ちなみに、この基準値よりもさらに消費量を少なくし一定の低炭素化の措置を行うことで「認定低炭素住宅」として認められます。

2.ミヤホームの省エネルギー住宅への取り組み

これまでたくさんの省エネルギー住宅を建てています!
今の日本では、様々な分野で省エネルギー性能を高めてきています。
車、家電、太陽光などの自然エネルギーなどが代表的な事例ですが、実は住宅でも省エネルギー性能を求められる時代になってきています。
今後は省エネルギー性能がなければ家を建てることが出来ない時代になります。
そうなったときにお客様が安心して建てられるよう、ミヤホームは新築住宅を省エネルギー住宅以上の認定が取れるよう取り組んでいます。

3.省エネルギー住宅のメリットとデメリット

①省エネ住宅にするメリット


・家の中の温度差が少なくなる
・家の中の空気が常にキレイ
・健康に良い
・毎月の冷暖房費用が下がる
・地球温暖化防止に貢献できる
などなど、様々なメリットが出てきます。

②省エネ住宅にするデメリット

省エネ住宅のデメリットももちろんあります。
それは、初期費用がかさむことです。
安い設備を入れるとどうしても省エネの基準値に持っていくことが出来ません。
今後のライフコストは安くなりますが、初期費用が高くなることをお忘れなく!
4.暖かい理由

①断熱材の性能

様々な断熱材があり性能も値段も様々です。
断熱材の特性を知りコストと施工性を考えてミヤホームでは高断熱住宅を建てています。

②サッシの性能

家の中で、一番熱が逃げる箇所がサッシ(窓)です。
つまり、サッシの性能を高くすることで熱が逃げにくくなり、断熱性能が高くなります。
現在ではほとんどの住宅メーカー、工務店で「ペアガラス」を標準としており、最近では「トリプルガラス」といったものまで出てきています。

③空気の循環

気密を高めることにより、しっかり換気がコントロールできます。高気密・高断熱住宅にすることで換気を計画通りできることを覚えておいてほしいです。
空気が流れることで、暖かい空気が家全体に回り、家の中が一定以上の温度を保てます。 


モバイルサイト

株式会社 ミヤホームスマホサイトQRコード

株式会社 ミヤホームモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!